2017/08/16

場所によるワインの違い

昨日のブログの続き

昨日のブログ
ワンランク上のワインについて

ワンランクの上のワインは

一つは、場所の格付けの違い。
もう一つは、ブドウの出来の違いについて

この違いについて書きますといいましたが、

今まで感覚で、自分で把握していましたが、
こうして言葉にするというのが、どうようにしようか
なと正直なやみます。


でもこうして
書いて発信すると、また読みたいというお声をいただけるすごく嬉しい。

フィードバックがあると嬉しいですね。



言葉にすることで、僕もあらためて、考えをまとめることができるので、書いてみます。一回では長くなるので

数回にわけて書いてみます。



まずは
場所によって価格とクオリティーの違いについて書いてみます。


場所の違いがあるのは、フランスでいうと、ブルゴーニュ地方とボルドー地方。
イタリアに場所の格付けがあります。

今回の書いてみようと思う場所はブルゴーニュのことを意識して書いてみます。


みんなが知っているブルゴーニュの最高峰の場所は「ロマネコンティー」という場所です。

すごい値段がしますね。

本来の価値もすばらしいのですが、価格はすごく高い気がします。

僕が思うのは、
生産量がとても少ないなかで、求めている人が多いので、価格が上がっているのかなと。


ロマネコンティー以外にもブルゴーニュには、様々は村で作られたもの。村の中の畑で作られたものが、ワイン名になっている。

横文字が並んでいて、わかりにくですが、ブルゴーニュ地方のワイン名は村と畑の表示になっています。


価格は3000円ぐらいから上は数万円まであります。

ワインの世界に入り、このブルゴーニュの場所の違いの差がなかなか掴めなかった。今でもまだ勉強中ですが、仕事にしている僕が勉強中って言ってしまうと、ワインのユーザーの方は難しくて手をだせないのか?ってなるのは違うと思う。


場所が違いキャラクターが違うのも


面白いかもって思っていただける提案ができればと思い書きますね。


ブルゴーニュでいうと、3000円の場所。10000円の場所。

3000円は10000円に比べて価格は3倍違う。じゃ3倍美味しいのか?

この回答が難しい。

3倍美味しくなるって、そんなことないです。

じゃ10000円は高いから
3000円でいいやってなりますね。

でもね10000円しかない香りと味の表現があるんです。
これに感動するんですね。


この違いを接客で伝えるのが難しい。

書くのも難しい。

僕の思っていることを書いてみよう。


このことをお客様に説明するときにパズルで例えます。

わかりにくいかもしれませんが、

ワインというパズルがあり、全部のピースを埋めたら、
ワインの全体がわかるというパズルが仮にあるとします。

3000円のワインは一つのピース。

10000円のワインも一つのピース。

この2本だけ飲んだら、二つのピースをワインというパズルにはめ込んだ。

でも世の中には、もっともっとワインがある。

それからパズルを作る為に意識して
様々なワインを飲んで、ピースを埋めて作っていく。

ピースが増えたら、全体像がなんとなく、浮き出て見えてくる。果てしない旅。


ワインにそれぞれ個性があるが全体の中のひとつのピースなので上下の差はない。

この考えでいくと、表現の差はあるが

3000円のワイン。
10000円のワインも全体の中の一つのピース。


でも価格の差はあるから、価格の意味から
価値の差はある。

先人の方たちがこの場所は素晴らしいと決めた場所。意味はありますし

実際に飲んだ僕も差を感じています。


味覚や香りの差を言葉にするのは難しいですが、率直に感じること。



よい場所は、余韻が強くて長い。

少し口に含んでも満足感がある。


よい場所は、寝かせて熟成させると
成長して、感動を与えるものになる。


よい場所のワインは、できた年の若い内に飲むと、気難しく、味の奥の奥に光を放つので、丁寧に見ないと光がみえない。
 

こういったワインは、普通のものより長く寝かせてやると、素晴らしく変身する。この変化は未知なるところでワインの神秘的な魅力の一つ。

逆に、場所の格付けが低いものは、不思議と味と香りが開くのが若い内から早く開いて美味しく感じる。

リリース直後からなかなか美味しく楽しめる。

味だけで見ると、3000円のものが美味しかったりする。

でもポテンシャルが低いので伸びしろはある程度まで。

10000円のものは、ポテンシャルが高く、若い内は光が見えにくいけど、時がたてば。3000円以上の輝きを放ち、圧倒的な存在になる。


ポテンシャルという概念になるんだけどこれは、実際に同じ場所の若いワイン。熟成したワインを飲んで体験しないとポテンシャルを見るのは難しいので、経験者の意見を聞かないとわかりにくい。


でも自分でワインのポテンシャルの高い低いを確認できるとワインの楽しさが倍増するのでその世界も興味がある人とわかちあたい。


伝わると嬉しいのですが。


ますばここまでですが続きは明日書きます。











2017/08/15

ワンランク上のワインについて

ワンランク上のワイン。

ワンランク上と書いていますが、

言葉を見ると、

ワンランク上は上で

その下は下という。

上と下という言葉のイメージですね。

僕も昔は、ワインにランクをつけて、上と下と言っていた時期がありました。

金井麻紀子さんとワインを飲む機会があって、麻紀子さんが、あるワインを飲んだときに、僕は下のランクのワインと思っていたのを

この生産者はどのような表現かな?ってつぶやいて試飲していた姿に、頭をガツンとやられた感覚になった。

そうなんだ。全てのワインは生産者の表現で、上も下もないんだって。

いままで、上とか下とかで言っていた自分が恥ずかしくなった。

実際にワインには表現の違いがあって。

それを簡単に区分けしたら

二つある。

一つは、場所の格付けの違い。

フランスとイタリアにあるんだけど、先人の方たちがブドウをいろいろな場所に植えて、育てて、この場所は日当たりが良くて土も上質だ。という場所を見つけて

そこに差をつける為に格付けをつけて、

そこの場所の個性が引き立つ収穫量を見極めて、いえば少なく造ります。

あえて多くを造らないことを決めて、収穫量の制限をしている畑がある。

そこは、多くを造らないので、価格が高くなっていく。

もう一つは、同じ畑で、同じクオリティーの完熟度合いのブドウはできることがなく、様々なブドウが出来る。

生産者はより良いワインを造りたいと考え、畑の中で、完熟が完璧な上質なブドウのみを集めてワインにする。畑の中で出来のよいブドウのみを集めて造ったワイン。

この二つがワンランク上のワインと言われます。

次はその違いを書いてみます。

本日の試飲 2

本日の試飲 2

モンジュグラノン クレレット・ディ・トラディション

ローヌ地方のクレレットとミュスカのブレンドのスパークリング。

フルーティーなタイプですが甘さはくどくなく、マスカットの優しい香りと味。今の時期に冷やしめで飲むと、癒されます。

#マキコレ#マキコレワイン#モンジュグラノン#カーヴ田中屋 #カーヴ田中屋試飲

本日の試飲

本日の試飲
オーペロン シャルドネ シェーヌ
ロワール地方のシャルドネの樽熟成。このワインは10年以上、毎年飲んでいます。

昔も良かったですが、今はより進化していてとても美味しい。果実の味わいの奥に樽のニュアンスが入っていて、飲んでいて疲れない。

でも心地よく樽の味を楽しめる。大好きな樽熟成の白。

#マキコレ#マキコレワイン#カーヴ田中屋#オーペロン

2017/08/14

真実はボトルの量にある。

毎日ブログを書くのが続いていて、
日曜日はおやすみしていましたが、


今日書こうと思っていましたが、
ありがたいことに、お客様の来店が続いて


普段お話しができないお客様といろいろ
ゆっくりとお話しができて、

よい時間をすごさせていただき、


ようやく落ち着いて今になります。


毎日ブログ書かなくてはいけないって決めていないけど、

読んでいる人と少しでも繋がりたいと強く思って、

書けるのであれば、書いてみようって決めて

無理なく書けるのであれば、続けたいって思った。


何かを表現しようって決めて、

止まると書けなくなって、僕はきっと間があくので


その日に
思いついたことをそのまま書いてみようと思い

今パソコンに向かっています。



今日閃いた言葉で

「真実はボトルの量に全部でる。」って言葉が思いついて
いつもお酒を飲んでいるときに思っているんだけど。


何それ〜ってなりますが、

例えば一度に、数本空けていて、

何人かで、飲んでいると

その時においしいお酒は

スルッと、なくなっているんですね。


自然とおいしいものは、杯が進み

なくなり、

別にだけど、美味しくないってわけではないけど

残っているものもある。



その日のお料理の相性。

その人の好みで、どのお酒かってではないけど、


おいしいとか、自分にはあわないっていう好みの

真実は、お酒の減った量でわかるって

いつも

ボトルをみて感じています。



2017/08/12

ワインを短くて伝わりやすい言葉で表現するときに意識していること。


先ほどのブログに中に、



・今扱っているワインをお客様への説明するときに、短くて伝わりやすい言葉の提案。

というところを少し書いてみます。








ワインを短くて伝わりやすい言葉で表現するときに意識していること。



以前にレストランでワインのサービスをしていたことが少しありまして、ショップでのワインの販売は、お客様に詳しく、

ワインの説明をする時間がありましたが、レストランでワインの説明は、10秒もできるかどうか。

お客様のテーブルでお話や説明の時間をいただくのが難しく、お客様が楽しそうに会話をしているところに入るのが、すごく難しいと感じていた。

そこで短い言葉でわかりやすく
説明することを求められている気がしていました。


その経験で、一言でワインの個性をお伝えするのはどうしたらいいのかをすごく悩んだ。


そのヒントは以前の取引先のソムリエさんからいただいた。


その人は、グラスワインをお客様に説明をするときに


3つの言葉で短くワインの説明をしていた。


1 どこの国

2 キャラクターを一言でフルーツやお花に例えてた。

3 ワインの濃淡(濃いかさっぱりか)を一言で説明。




ロワール地方のソーヴィニョンブランの白でしたら、

フランス産のグレープフルーツの香りのすっきり辛口。



ブルゴーニュ地方の樽熟成の白。

フランスのブルゴーニュ地方のバターやナッツの香りがするコクがある辛口。



ボジョレー地方の赤を表現すると。

フランスのボジョレー地方でいちごの香りのすっきり軽め。



南フランス産のメルローなら

南フランスのベリーの香りがするややしっかりめ。


などなど、

ソムリエさんからアドバイスをいただいて

短い言葉で表現することを意識し始めてから


言葉でワインを伝えるのが楽しくなってきました。

マキコレワインをお取扱いの飲食店様へ

お取引のある飲食店様へ

カーヴ田中屋で何か少しでもお役に立てることがないかなと考え、

今お店で扱っていただいている
マキコレワインのことをオーナーさんとスタッフさんに
より知っていただけたら、お客様に何か聞かれた時に
自信をもってお答えできて、お客様に信頼を得るきっかけになればと思い

今扱っていただいているワインをこちらからいくつかお持ちしてスタッフの方も含めてみんなで試飲ができる機会はいかがでしょうか。


お時間は相談をさせていただき
お店様のご都合にあわせてお伺いさせていただきます。


やらせていただく時間は営業終了後が多いです。


時間は、短くて1時間半ぐらいです。


少し前からお店様へはこうした試飲会をやらせていただいており、いつもはオーナーさんとは
お話しさせていただきますが、

試飲会をきっかけに
スタッフさんと、ゆっくりお話しができる機会ができて、
うれしく大変貴重な時間です。

お話しさせていただく内容は

・今取り扱っていただいているマキコレワインの説明。

・マキコレワインとは?

・今扱っているワインをお客様への説明するときに、短くて伝わりやすい言葉の提案。

・お料理とワインの組み合わせのときの提案について。

・ワインが難しいと思っていたのが、楽しいって思えるコツ。

・飲食店様で必要なワインの知識を絞り、効率よくワインを学べるコツ。


あとはご不明な点や、質問にお答えしながら、ワインがより身近に感じていただけるようにお話しをさせていただきます。

ご興味がありましたら、
気軽にお声をかけてください。



ご質問、ご不明な点などのお問い合わせは⬇

http://www.cave-tanakaya.com/example.html

 
カーヴ田中屋
TEL 0752766151



メール mail@cave-tanakaya.com


カーヴ田中屋 フェイスブックページ


https://www.facebook.com/cavetanakaya/?ref=bookmarks


インスタグラムはじめました。

https://www.instagram.com/?hl=ja